カフェ・喫茶店の開業、運営ノウハウを発信

カフェ開業を準備!必要な備品・設備をチェックしよう

開業方法・準備業務用コーヒー・備品

カフェを運営していくためには、設備を整え、備品を揃える必要があります。

思い描いているカフェにすることに重点を置き検討するケースが多くなりますが、カフェ運営には決まり事があるので注意が必要です。また、深く考えることなく揃えてしまうと、思わぬ費用がかかってしまうこともあるでしょう。

必要な設備や備品を過不足なく準備して、スムーズにカフェ開業を迎えるために、備品や設備についてのチェックポイントをお伝えします。

カフェは「飲食店営業」

カフェを開業するためには、営業許可を受ける必要があります。

カフェの場合、令和3年5月31日までの食品衛生に関する法令内においては、提供する内容により「飲食店営業」か「喫茶店営業」のどちらかとなっていました。

令和3年6月1日からの新制度で営業許可業種が変更になり、「喫茶店営業」は「飲食店営業」に統合されることとなりました。これにより、たとえ提供する内容がアルコールや調理するような食事は出さないなどの「喫茶店営業」であったとしても、「飲食店営業」として申請することになります。

したがって、カフェ開業のための設備には「飲食店営業」の営業許可の条件をクリアするものを準備しなくてはなりません。

調理に必要な設備とは

カフェ運営における調理のために必要な設備を確認していきましょう。食品営業許可を取得するための設備の要件もあるので注意が必要です。

また、予算が足りないようであれば中古から探す工夫も大切といえます。

◆シンク

飲食店の営業許可を取得するためには、定められているシンクの基準をクリアする必要があります。

まず、2槽以上であること、そして1槽のサイズが幅45cm以上、奥行き36cm以上、深さ18cm以上であることです。また、それぞれに水やお湯が出る蛇口が付いていなくてはなりません。中央に1つの蛇口が付いていて、首を振れば2つのシンクで使えるタイプでは、条件には合わないことを知っておきましょう。

シンクは並んでいる必要はなく、調理場内にばらばらに設置しても基準はクリアします。サイズが少しでも満たない場合は交換を求められるケースもありますが、慌てて対応するのではなく、まずは管轄の保健所に相談してみましょう。

さらに、飲食店営業のためにはお湯が出る給湯器を設置しなくてはなりません。

◆冷蔵庫、冷凍庫

冷凍冷蔵庫については、使う食材が保管できるサイズであれば良いでしょう。ただし、営業許可を取得するためには、温度計を設置する必要があります。

基本的には、外からでも庫内の温度が確認できなければなりません。本体に温度計が付いていない場合は、別途購入するようにしましょう。

また、保健所によっては、温度計を庫内に置いておくことで許可が出る場合があるので、確認することがおすすめです。

◆製氷機

「氷は冷凍庫で作る、あるいは保管する」と考えている場合もあるかもしれません。しかし、飲み物メインのカフェでは氷を使う量が多いため、製氷機を設置したほうが良いでしょう。

特に、冷たい飲み物の注文が増える春から夏にかけては足りなくなることが想定できます。カフェにとって食材の一つともいえる氷を切らさないようにすることが重要です。

◆ガスレンジ、ガステーブル

ガス機器を購入する際に気を付けるポイントは、ガス種に合った機器であることです。

カフェを開業する物件が都市ガス、LPガスのどちらなのかを確認し、ガス種に合うガス機器を購入するようにしましょう。

また、カフェのメニューを調理するのに合ったものを選ぶことも大切です。ガスレンジはコンベクションオーブンとガステーブルを一体化したもの、ガステーブルはガスコンロを内蔵したもので2口、3口などのタイプがあります。

◆食器棚

営業許可の基準を満たすために、食器棚を1台以上設置しなくてはなりません。食器にほこりが付くことを防ぐ目的があり、材質は問わず戸が付いている必要があります。

高さの条件は、目線より下で膝より上です。

顧客が使用する・目にする設備一覧

来店したお客様が使用したり目にしたりする設備について、確認していきましょう。

◆テーブル・椅子・ソファ

来店したお客様が使用するテーブルや椅子、ソファは居心地の良さを左右する大切なものです。店のコンセプトにも合わせ、素材も吟味したうえ、リラックスできるアイテムを選ぶようにしましょう。

金属や樹脂の素材であればスタイリッシュ、木製であればナチュラルな温かみのある空間を演出できるといえます。

テーブルの形はラウンド型、スクエア型などがありますが、ソファや椅子に合わせて選ぶのも一案です。

また、すべてを同じセットで統一しなくても、席ごとに変えてみるという方法もあります。

2人掛けのテーブルを多くし、テーブル同士を繋げられるようにすることで、おひとり様でも団体でも対応できるようになり、空席を作らない営業が可能になるかもしれません。

◆カウンター

回転率を上げたい店舗では、カウンター席を多めにして、入店できる人数を多くすることが有効です。おひとり様でも入りやすく、椅子の間隔を狭めて配置することで、食べ終わったら席を立つという流れになりやすくなるでしょう。

また、カフェにとってカウンターテーブルの高さが大切ということをご存じでしょうか。

カウンター席に座るお客様には、スタッフの作業やサービスなどの雰囲気が伝わります。さらに、カウンターテーブルの高さによって、伝えられるものが変わるでしょう。

1mほどの高さのハイカウンターでは、厨房が80cmほどの大きさであれば、ちょうど作業するスタッフの手元が隠れ、お客様にバーのような非日常感を味わってもらいやすくなります。

70cmほどの高さのローカウンターであれば、調理を行う手元も見てもらえるようになり、ゆったり座れることも加わり、リラックスできる温かみを提供できるでしょう。

スタッフが見下ろすような高さにしてしまうと、お客様に威圧感を与えてしまうため、目線の位置を確認することも欠かせません。さらに、カウンターサイズだけではなく、人がスムーズに通れるように通路のことも考慮に入れておきましょう。

◆照明

飲食店営業許可の照明の基準について、例えば東京都では50ルクス以上と決められています。特に明るさの基準が決められていない地域もあるため、管轄の保健所に確認するようにしましょう。

照明の明るさは、カフェの雰囲気に大きな影響を与えます。落ち着いた空間を演出したい場合は明るさを落として、温かみのある電球色にするといった工夫が効果的です。

また、積極的に自然光を取り入れることで、ナチュラルな雰囲気になります。紫外線対策としてカーテン、UVカットフィルムやUVカットガラスの採用を検討すると良いでしょう。

店内でパソコン作業や読書をするお客様が多い場合は、影ができにくいよう、高い位置から全体を均一に照らす必要があります。オフィスで使われているような白色の照明を採用するのがおすすめです。

カフェで使う備品の種類

続いて、カフェで使う備品について確認しましょう。

◆調理道具

主に、まな板、包丁、フライパン、鍋、お玉、フライ返しなどです。提供するメニューによって変わるので、自店舗に必要な調理道具をピックアップしておくと良いでしょう。

また、食材を保管しておくためのプラスチックの容器は頻繁に使うため、さまざまなサイズのものを用意しておくと便利です。

なるべく初期費用は抑えたい意識が働くものですが、調理道具は毎日使うものなので、使い勝手が良く、耐久性があるものを選ぶようにしましょう。使いづらかったり破損してしまったりで買い替えることを考えると、はじめから気に入ったものを購入したほうが良いといえます。

◆食器

飲食店であるカフェにとって、食器は最も重要な備品といっても過言ではありません。すべてのサービスは食器がなければ行えないでしょう。さらに食器は、カフェのイメージを演出し、料理を美味しく見せてくれる役目を果たします。

とはいえ、あまり高価なものを揃えてしまうとコスト面を圧迫してしまうため、コスパ重視で考えましょう。すなわち、さまざまなメニューに兼用できるもの、耐久性があるものなどが挙げられます。

使う頻度が高い食器は多めに揃えましょう。目安としては、席数の1.5~2倍程度です。それ以外の食器は、席数の半分か3分の1程度で良いでしょう。

食器選びの主なポイントは3つ、自店舗のコンセプトに合っているもの、買い足すことを考えて高価過ぎないもの、同じものを再度購入できることです。収納するスペースも考慮に入れて揃えましょう。

◆会計機器

代金を集計する会計機器として、レジがあります。しかし必ずしもレジを使う必要はなく、特に個人カフェであれば手動で計算することもできるでしょう。

また、レジは大きく分けて3種類あります。レジ本体・ドロアー・プリンターが一体となっている「一体型レジ」、パソコンを兼ねる本体にキーが付いている「専用型POSレジ」、タブレットを利用する「アプリ型POSレジ」です。

個人カフェの場合は、高価な専用型POSレジではなく、小型の一体型レジで充分といえます。

◆電話・パソコン

電話は予約を受け付けたり、食材の注文をしたりするために欠かせないものです。子機も付いている製品なら、使い勝手が良くなるでしょう。

また、ネットでの予約受付や注文をする際に、パソコンも必要です。使う機能が揃っていて、場所を取らないサイズのものを選ぶようにしましょう。

スムーズなカフェ運営のために過不足のない備品と設備の準備をしよう

カフェ開業のためには、最適な備品や設備を準備することが必要です。飲食店営業許可の取得にあたり、条件をクリアするものを揃えることを念頭に置きましょう。

また、店のコンセプトも考慮に入れたうえ、設備を整え、備品を揃えることと同時にコスト面も意識しなくてはなりません。初期費用をかけ過ぎないよう、中古を取り入れることも検討してみてください。

備品と設備を過不足なく揃えることで、スムーズにカフェを運営していくことが可能となります。

備品が揃う通販サイト「KEY’Sモール」

本格的な味わいのカフェ開業サポートは「KEY’S CAFE」へ

自家焙煎のお店をはじめてみませんか?

業務用コーヒーが買える通販サイト「KEYSモール」について

レギュラーコーヒーをはじめ、喫茶店やホテルで長年使用されている選りすぐりの業務用食材を取り揃えた通販サイトです。

keysモール キーコーヒーへのご相談・お問合せはこちら