キーコーヒー株式会社の紹介

キーコーヒーは1920年創業のコーヒー会社です。海外でのコーヒー農園事業から製造・販売はもちろん、
レギュラーコーヒーに関連する事業経営にも携わるなど、コーヒーのすべてに関わる東証一部上場企業です。
もしかしたら、「キーコーヒー=喫茶店の看板」のイメージかもしれませんね。
確かにキーコーヒーは創業以来、多くの喫茶店に愛され、成長してきました。
そして、現在、コーヒーを取り巻く環境が大きく変化する中で、キーコーヒーも多彩な事業を展開してきました。
「“TYPE KEY”と言われる厳しい品質基準の確立」、「幻のトラジャコーヒーの復活」、
「イタリア大手エスプレッソコーヒーメーカーのイリーとの提携」など、これまでの事業活動の中で、
変わらず持ち続けてきたのは「時代の求めるコーヒーをお届けすること」
そして、そのために「ゆたかな可能性を持つコーヒーを探究し続けること」です。
そんなキーコーヒーの「コーヒーに対する情熱」を、この採用ホームページを通じてお伝えいたします。

KEY COFFEE コーヒーという情熱

企業理念

コーヒーを究めよう。

お客様を見つめよう。

そして、心にゆたかさをもたらすコーヒー文化を築いていこう。

キーコーヒービジョン

コーヒーに関して、信頼度No.1の会社であること。

コーヒーの可能性を追求し、その価値を提供できる会社であること。

そして、お客様から最初に選ばれるコーヒー会社であること。

我々が果たすべきミッション

① お客様の安心を何よりも優先する。

② ものごとの本質、絶対的な価値を重んじる。

③ チャレンジ精神を発揮し、主体的に行動する。

④ 情報に敏感であり、常に学ぶ。

⑤ ブランドの担い手であることを自覚して行動する。

⑥ 様々な考え方を認め、他人の個性を尊重する。

⑦ ホスピタリティを発揮する。

社会・環境への取り組みについてはこちら

数字で知ろう!キーコーヒー

  • 0?

    1920年

    ANSWER
  • 0?

    2,050,000,000杯

    ANSWER
  • 0?

    36杯分

    ANSWER

キーコーヒーとトラジャ

TOARCO TOARCO TORAJA

18世紀、「セレベス(スラウェシ)の名品」と謳われた幻のコーヒーがあった。
インドネシア・スラウェシ島にのみ産するトラジャコーヒー。
大戦の混乱の中、市場から姿を消した
そのコーヒーを復活させたのは多くの日本人の情熱だった。
産地に至る道を造り、荒れ果てた農園の再生。
キーコーヒーは約40年にわたりその品質を極め、
厳しいコーヒー好きにも愛されてきた。
トアルコ トラジャ。
それは日本と日本人がインドネシアとともにつくりあげた、
世界に誇れる一杯。

TOARCO TORAJA
エントリーする

ページTOPへ