KEY COFFEE

コーヒーを知る

ホーム > コーヒーのおいしい話 > コーヒー文化 > コーヒーと健康

コーヒーと健康

おいしいだけで終わらない。それがコーヒーがすばらしい飲料であるゆえんです。
美と健康のために役に立つ、さまざまな秘密が隠されています。

脂肪の代謝を活発にして肥満を予防

コーヒーに含まれているカフェインは脂肪の代謝を活発にする働きがあります。お米を中心とした高炭水化物の食生活から、欧米型の高脂肪のメニューへと変わってきた私たち日本人にとって、コーヒーは肥満予防に役に立つ、すばらしい飲み物です。

利尿作用で、健康美人に

カフェインには利尿作用もあります。水分の取りすぎが原因のひとつとも言われる肥満の解消にも、余分な水分の排出が期待できるコーヒーは注目の飲み物。二日酔いで早く体外にアルコールを出したい時にも、尿の出のよくなるコーヒーはピッタリです。

消化を助けて、胃もたれスッキリ

コーヒーは胃液の分泌を促し、消化器の働きを促進させて消化を助けます。
お酒で疲れた肝臓の負担を軽くする働きもあるという研究結果も発表されました。ただし、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがある方は、空腹時に濃いコーヒーを飲むと胃壁を痛めることもあるので注意が必要です。

活性酸素を抑えて、若々しく

過剰になると細胞膜などをも酸化させ、老化や癌の元になるとされている活性酸素。コーヒーには活性酸素を抑える働きがあるため、適度にコーヒーを飲むことで、体内の活性酸素の量をバランスをよくできれば、その予防になるとも言われています。

脳の中枢を刺激して、リフレッシュ

筑波大学の鈴木正成教授の研究によると、カフェイン、テオフィリン、テオプロモインなどのメチルキサンチン化合物には脳の中枢を刺激して神経系を興奮させる作用があるそうです。
この作用によって、コーヒーを飲むと全身の細胞の働きも高まるといいます。また、カフェインの持つ強心作用は心臓の働きを活発にし、ハツラツ人間をつくります。毎日の精神疲労、知的疲労で鈍った脳も一杯のコーヒーでリフレッシュさせてみませんか。

おいしいものには、やすらぎがある

著名な精神神経科医の斎藤茂太氏は、「仕事のあとの一服、これはうまい。タバコでもコーヒーでも、一仕事終えて、椅子にどっかと腰をおろして、やれやれというところでの一杯。その安らぎこそが大切なのだ」とおっしゃっています。おいしいもの、それこそが最良の妙薬なのかもしれません。


全日本コーヒー協会
※出典:一般社団法人全日本コーヒー協会