KEY COFFEE

コーヒーを知る

ホーム > コーヒーのおいしい話 > コーヒー文化 > おいしいコーヒーのいれ方 > サイフォン式

サイフォン式

コーヒーサイフォンはムード抜群、慣れると以外に簡単です。
アルコールランプの青い炎がゆれ、静かにコーヒーが香る。サイフォンはいれる楽しみが倍加する器具です。

<入れ方の手順>2人分

(1)ロ過布を金具にとりつける

ロ過布はよく水洗いした上、固く絞って、毛羽立った面を 表にして金具に取り付けます[写真(1)]。
これがフィルターの役目をするのです。
ヒモは蝶結びにして、余った分は金具との間に差し込んでおきます。

(2)フィルターの金具をロートにひっかける

フィルターは、[写真(2)]のように金具を下にして引っぱり、ロートに引っ掛けます。これで用意完了です。

1人前12g(メジャーカップで中盛り2杯分)のコーヒーを用意します。


フラスコに人数分のお湯を入れて、下からアルコールランプで沸かします。
フラスコの底に水滴がついていると割れる恐れがありますから、布でよく拭き取っておきます。


フラスコのお湯が沸騰したら、ただちに③のコーヒーを②に入れ、ロートに差し込み、しっかりと固定します。


(3)お湯が上がったら竹ベラで攪拌する

お湯が上がりきったら、竹ベラが、フィルターに触れないように軽く全体を攪拌します。[写真(3)]
竹ベラの先がフィルターに触れるとにごりますから注意してください。

この後、1分位たったらもう一度前の要領で攪拌し、火を消します。
あとはコーヒー液がフラスコに落ちてくるのを待つだけです。


(4)しっかり押え前後にゆすって外す

完全に落ち終ったら、ロートを前後に動かして外し[写真(4)]温めておいたカップに注ぎます。

ロ過布について

サイフォンでコーヒーをいれる場合は、ロ過布の扱いが大切です。
新しいものを使用する場合は、事前に一度お湯で洗って糊気を落とし、少量のコーヒー粉を加えた水で10分から20分ほど煮込んで、コーヒーになじませてください。
使用後、フィルター金具から外したロ過布は、よく水洗いし、水につけたまま冷蔵庫で保管します。
ロ過布は絶対に洗剤で洗ったり、乾燥させてはいけません。洗剤を使うとその臭いが布に移りますし、乾燥させると、布目についたコーヒーの脂肪が酸化して異臭のもととなるからです。