KEY COFFEE

キーコーヒー リアルセミナー 受講規約

キーコーヒー リアルセミナー 受講規約

このウェブサイト(以下「本サイト」といいます)に掲載の「コースのご案内」において定めるリアルセミナー(以下「本セミナー」といいます)への申込みを希望され受講される方(以下「申込・受講者」といいます)は、申込みに先立って、この受講規約(以下「本規約」といいます)に合意して[キーコーヒー会員]に登録(以下「お客様登録」といいます)した上で、本セミナーにお申し込み頂く必要がございます。本規約の内容をご理解頂き、全ての条件に合意することをご確認の上、お申し込みください。

第1条:本規約への合意

1.本規約に合意頂いた場合は、本規約を誠実に遵守する義務が発生し、申込・受講者とキーコーヒーとの間の本サイト又は本セミナーの受講にかかわる一切の関係に本規約が適用されるものとします。また、キーコーヒーは、申込・受講者に事前の承諾を得ることなく、本サイト上で事前の相当な期間を置いて告知を行なうことにより、本規約を変更または廃止でき、この変更を行なった場合は、申込・受講者は変更後の規約に従うものとします。本規約の改定の効力発生日以降に本サイトを利用し、または本セミナーの申込みをした場合、キーコーヒーは、申込・受講者が当該改定について承諾したものとみなすことができるものとします。

2.本サイトの利用又は本セミナーの受講については、当該利用時又は当該セミナーへの申込時点における本規約が適用されるものとします。ただし、本セミナーの申込時点において、前項の告知が行われていた場合であって、当該セミナーが本規約の改定の効力発生日以降に実施されるときは、変更後の本規約が適用されるものとします。

3.キーコーヒーは、本セミナーに関する条件について、本規約によるほか、個別のルール、規約その他の諸規程(以下「個別規約」という)により定めることができるものとし、名目の如何にかかわらず、個別規約は本規約の一部を構成するものとします。本規約と個別規約の内容が矛盾抵触する場合、本規約の内容が優先して適用されるものとします。

第2条:本セミナーの目的

本セミナーは、キーコーヒーが「コーヒーを究める」という企業理念に基づき、コーヒーを通して多くの人々のこころにゆとりをもたらすことを実現するために、コーヒーのおいしさ、コーヒーの抽出技術、コーヒーの様々な飲み方やアレンジ方法、コーヒーの提供方法、コーヒー知識などを学び、そしてコーヒーを具体的に五感で楽しむことのできる時間と場の提供を行うことを目的とします。

第3条:本セミナーで提供する内容

キーコーヒーは、第4条に定める本セミナーの受講料を受領したことを条件として、「コースのご案内」の募集要項に定める本セミナーの内容に沿った講義を行うものとします。本セミナーは、キーコーヒーが募集要項に記載した本セミナー会場において直接、申込・受講者と対面して提供されます。申込・受講者は、自らの責任と負担において本セミナーに参加するものとし、本セミナーの受講に伴う交通費、宿泊費、その他本セミナーを受講するために必要な費用は、申込・受講者においてご負担ください。なお、本セミナーの講義内容の習得は申込・受講者ご自身の意欲等によるところが大きいことから、その限りにおいて、本セミナーは講義内容の完全な修得を申込・受講者に保証するものではありません。

第4条:本セミナーへの申し込み

1.本セミナーへの申込みを希望される方は、お客様登録を行った上で、本サイトの申込み画面で、住所・氏名・電話番号、メールアドレス、その他必要事項を入力して本セミナーへの申込みを行うものとします。
なお、本セミナーへのお申込みに際しては、未就学児(6歳未満)を連れての参加をお断りするほか、未成年者の場合には保護者同伴とさせて頂く場合、また、開催時間によっては申込・受講者の年齢等の制限を設けることがあります。これらの制限については募集要項をご確認ください。また、キーコーヒーは、次のいずれかに該当する方からのお客様登録又は本セミナーへのお申込みを承諾しないこと、または、お客様登録及び本セミナーの受講契約を解除することがございます。それらの場合、本セミナーの受講はできませんので、ご注意下さい。

① 本人またはその所属先が、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、またはその他の反社会的勢力である場合

② 過去に次条の受講ルールに違反し、その他不適切な行為を行ったとして、キーコーヒーが主催する他のセミナーも含め受講の取り消しを受けたことがある場合

③ 受講料支払いに必要となる本人名義且つ有効なクレジットカード情報を登録頂けない場合

④ お客様登録に必要な有効な電子メールアドレスを所有していない場合

⑤ キーコーヒーが定める本セミナー受講の条件を満たさない場合

⑥ お客様登録又は本セミナー申込みの内容に虚偽、誤記または記入漏れがあったことが判明した場合

⑦ 過去に本規約その他キーコーヒーの定める規約・条件等の違反などにより強制的にお客様登録を解除されていることが判明した場合

⑧ 過去に本セミナーの受講料その他キーコーヒーへの支払債務の履行について、正当な事由なく遅滞、又は支払不能(拒絶)となったことがある場合

⑨ 未成年者、被保佐人または被補助人であり、法定代理人の同意を得ていなかった場合または成年被後見人である場合

⑩ その他上記各号に準ずる場合(上記各号に該当すると認める相当の事由がある場合を含む)

2.キーコーヒーは、原則、本サイトに申込み期限又は定員数を告知した場合は、その期限又は定員数まで先着順にて受付します。ただし、それ以前であっても、キーコーヒーの都合により事前の予告なく申込みを締め切る場合があります。

3.本セミナーへの申込みを希望される方は、本条第1項の申込みの際に受講料を支払うものとします。本セミナーの受講料の支払い方法については、本サイトのオンライン決済専用ページからキーコーヒーが指定する決済代行会社が運営するクレジットカードを利用したオンライン決済サービスを利用していただきます。

4.キーコーヒーが受講料の全額のお支払いを確認した時をもって、本セミナーの申込手続が完了し、本セミナーに係る受講契約が成立します。

第5条:受講ルール

1.受講に際して

① アレルギーをお持ちの方は、ご自身の責任で受講ください。

② 本セミナー講義中に知り得た他の受講者に関する情報は、第三者に開示または漏えいすることのないようお願いします。

③ キーコーヒーの許可ない写真撮影(スクリーンショットを含みます)、動画撮影、録音、頒布、公開、配信等は受講中のみならず、受講後においても一切禁じます。申込・受講者は、撮影は個人として楽しむことのみを目的として、申込・受講者ご自身が作ったもののみを対象として、撮影およびSNSへの投稿等の利用をすることができるものとし、他の被写体が映り込んだ内容の撮影またはSNS投稿等の利用を行ってはならないものとします。

④ 本セミナーでは、火気を使用する場合があります。本セミナーでは、受講中に注意事項を適宜お伝えしますが、受講中に発生した怪我や事故による損害については、一切責任を負いかねますのでご了承ください。ただし、当該損害の発生がキーコーヒーの故意または重過失による場合、キーコーヒーは、当該本セミナーの受講料相当額を上限として、現実に生じた直接かつ通常の損害(間接損害、逸失利益、付随損害、特別損害等を除きます。)に限り、賠償いたします。

2.申込・受講者は、本セミナー受講の前後を問わず、以下の各号に該当する、またはそのおそれのある行為を行ってはなりません。

① 法令に違反し、又は公序良俗に反する行為

② 犯罪行為に結びつく行為、またはキーコーヒーの社会的信用を損なう行為

③ キーコーヒーおよび他の申込・受講者もしくは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為

④ キーコーヒーおよび他の申込・受講者もしくは第三者の財産、プライバシー、肖像権を侵害する行為

⑤ キーコーヒーおよび他の申込・受講者もしくは第三者に不利益を与える行為

⑥ キーコーヒーおよび他の申込・受講者もしくは第三者を誹謗、中傷する行為

⑦ 他の申込・受講者に対する広告、宣伝、若しくは勧誘行為、商業目的で利用する行為、又は本セミナーと関連のない行為

⑧ 選挙事前活動を含むあらゆる政治的行為若しくは宗教的行為を目的とし、又はそのおそれがある行為

⑨ 差別行為若しくはそれを助長するような表現を含み、又はそれを含意あるいは暗示する行為

⑩ アダルト、わいせつ等の性的内容を含み、又はそれを含意あるいは暗示する行為

⑪ 他の申込・受講者に不快感を与え、又はそのおそれがある行為

⑫ 本セミナーの運営を妨げ、その他本セミナー運営に支障をきたす行為

⑬ 他人名義もしくは虚偽の名義を使用して本セミナーに申込みまたは受講する行為

⑭ 本セミナーの申込・受講者の地位を第三者に譲渡し、または第三者に本セミナーを受講させる行為

⑮ その他上記各号に準ずる行為

第6条:申込みのキャンセル、振替受講、受講料の返金

1.申込み完了後、申込・受講者の都合により本セミナーの受講ができなくなった場合は、当該セミナー実施日の14日前までにキーコーヒーの本サイトに掲載の「お問い合わせ」ページに連絡するものとします。その連絡をもって申込みはキャンセルとなり、申込・受講者は本条第3項に定める振替受講を選択することができます。

2.本条前項、本条第4項、第8条第2項その他本規約の規定に基づく場合または法令により認められる場合を除き、申込・受講者は本セミナーの受講をキャンセルすることができないものとします。申込・受講者の責に帰すべき事由の有無にかかわらず、申込・受講者が本セミナーの受講をキャンセルすることなく本セミナーを欠席した場合、申込・受講者は本条第3項に定める振替受講を選択することはできず、キーコーヒーは、受領済みの受講料を返金する義務を負わないものとします。

3.本条第1項の振替受講は、申込み時に選択した、本サイトに掲載の本セミナー「コースのご案内」において定めるものと同一のものとし、キーコーヒーが事前連絡を受け、振替受講を認めた日から起算し3ヶ月以内、かつ1回限りとし、期間および回数を超えての選択はできません。また、振替受講期限内に受講がなされない場合、かかる受講契約は終了します。

4.申込み完了後または前項の振替受講の決定後に、申込・受講者の都合により本セミナーの受講又は振替受講ができなくなった場合、キーコーヒーの本サイトに掲載の「お問い合わせ」ページから連絡することにより、当該セミナーの受講をキャンセルし、当該セミナーのキャンセルをご連絡いただいた時点に応じて、以下に定める受講料の返金を受けることができるものとします。なお、返金の際に発生する振込手数料は申込・受講者の負担とします。

キャンセルをご連絡いただいた時点 受講料の返金額(振込手数料は申込・受講者負担)
本セミナーの15日前以前 受講料の100%
本セミナーの14日前~8日前 受講料の50%
本セミナーの7日前以後 キャンセル不可(返金なし)

5.キーコーヒーは、第4条第1項各号又は前条各号のいずれかに該当する場合には、申込・受講者の本セミナー受講資格を失効させ、本セミナーの利用を中止することがあります。

6.キーコーヒーは、本規約に定める場合を除くほか、如何なる理由においても、申込・受講者より支払われた本セミナー受講料を一切返還しません。

第7条:知的財産権等

1.本セミナーにおいて、キーコーヒーが提供するいかなる著作物その他の知的財産も、キーコーヒー又は他の著作権者その他の正当な権利者にその権利が帰属し、申込・受講者は、キーコーヒーが事前に文書により承諾した場合を除き、著作権法その他の法令上認められている範囲を超えて、使用することは一切できません。

2.申込・受講者が前項の規定に違反した場合は、キーコーヒーおよび著作権者その他の正当な権利者に対し、申込・受講者が損害を賠償する責任を負い、キーコーヒーに何らの迷惑または損害を与えないものとします。

第8条:本セミナーおよびHPの中止・中断等

1.キーコーヒーは、次の各号の一つにでも該当する事由が生じた場合、申込・受講者に対して事前に通知することにより、本セミナーを中止し、または本セミナーの内容もしくは実施日を変更することができるものとします。ただし、本セミナーを中止する場合において、事前に通知することが困難なときは、事後速やかに通知するものとします。

① 天災地変、火災等の不可抗力が発生したとき

② キーコーヒーの運営設備において、停電等または電気通信事業者の回線事故等による機器等に障害が発生したとき

③ 法令の制定改廃、第三者による妨害行為、その他のやむを得ない事情により本セミナーの提供または利用が困難となるおそれのあるとき

④ 機器等の保守、メンテナンス、更新を行う必要があるとき

⑤ 本セミナーの運営に関して緊急事態が発生した場合

⑥ その他上記各号に準ずる事由が生じた場合

2.前項に基づき本セミナーの内容又は実施日が変更される場合、申込・受講者は、本セミナーの実施日(実施日の変更の場合には、変更後の実施日)の14日前までにキーコーヒーに連絡することにより、当該セミナーの受講をキャンセルすることができるものとします。申込・受講者が当該期間内に当該セミナーの受講をキャンセルしない場合、キーコーヒーは、申込・受講者が当該変更について同意したものとみなすことができるものとします。

3.本条第1項に基づきキーコーヒーが本セミナーを中止した場合、または前項に基づき申込・受講者が本セミナーの受講をキャンセルした場合、キーコーヒーは、申込・受講者に対し、当該セミナーに係る受講料を返金するものとします。

4.本条第1項各号に定める事由が申込・受講者の責めにより生じた場合には、前二項は適用されないものとし、申込・受講者は、本セミナーの受講をキャンセルすることはできず、また、キーコーヒーは、申込・受講者に受領済みの受講料を返還する義務を負わないものとします。

5.本セミナーに最少催行人数が定められている場合において、申込・受講者の人数が当該最少催行人数に満たない場合、本セミナーを行いません。この場合、キーコーヒーは、申込・受講者に対し、当該セミナーの開催日の8日前に、電子メールにより連絡した上、本セミナーの受講料を返金するものとします。

6.前項にかかわらず、キーコーヒーは、本セミナーの申込・受講者の人数が最少催行人数に満たない場合であっても、本セミナーを実施することができるものとします。この場合、本セミナーの受講料の返金は行いません。

7.キーコーヒーは、本条第1項各号に定める事由又は本条第5項に基づく本セミナーの不実施により申込・受講者に不利益、損害が生じた場合であっても、本条第3項又は本条第5項に基づく本セミナーの受講料の返還を除くほか、一切の責任を免れるものとします。

第9条:個人情報の取扱い

1.お客様登録及び本セミナーに関連して、キーコーヒーが得た個人情報は以下の各号を使用目的として取り扱います。その他取扱いは、キーコーヒーのプライバシーポリシー(https://www.keycoffee.co.jp/privacy/)に従うものとします。

① 申込・受講者の管理

② 申込・受講者からの各種問合せ対応

③ キーコーヒーにおける情報分析

④ 本セミナーに関する情報のご案内や申込・受講者へのアンケート実施

2.前項の個人情報は、以下の各号の場合を除き、第三者への開示または提供をしないものとします。

① 申込・受講者が情報開示に同意している場合

② 法律、規則、条例、公権力等に基づいて開示を求められる場合

③ キーコーヒーまたは第三者の権利および財産を保護する必要がある場合であって相当の事由がある場合

第10条:秘密保持

申込・受講者は、本セミナーを受講するにあたり、キーコーヒーによって開示された固有の技術上、営業上その他事業の情報(秘密として指定されたものに限ります。)並びに他の受講者より開示されたその個人情報・プライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を本セミナー受講の目的以外に使用し、又は第三者に開示・漏洩してはならないものとします。

第11条:その他免責事項

1.キーコーヒーは、地震、暴風雨、台風、洪水その他の天災地変、戦争・暴動・内乱、法令の改廃定、公権力による命令処分、輸送機関の事故、その他キーコーヒーの責めに帰すことができない事由による本規約の全部または一部の履行遅滞もしくは履行不能、およびHPのシステム障害等については、本規約に定める範囲を除き一切賠償責任を負いません。

2.キーコーヒーは、本サイト内の情報、本サイトにリンクした情報、本サイト上での募集要項、本セミナーの配布資料等の説明あるいは表記について、できる限り正確性を期して運営しておりますが、その正確性、現実性、有効性、最新性等に一切誤りがないことを保証するものではありません。これらについては、申込・受講者自身が確認する義務を負います。

3.本セミナー受講に伴い、申込・受講者間あるいは申込・受講者と第三者との間で紛争が生じた場合は、当該申込・受講者は、これを自己の費用と責任において解決するものとし、キーコーヒーに損害を与えないものとします。

4.債務不履行、不法行為その他法令上の原因を問わず、キーコーヒーが申込・受講者に対して損害の賠償責任を負う場合、キーコーヒーは、当該損害の発生の原因となった本セミナーの受講料の金額を上限として、申込・受講者に生じた現実に生じた直接かつ通常の損害に限り賠償するものとし、予見の有無等を問わず、間接損害、逸失利益、付随損害、特別損害等については賠償する責任を負わないものとします。

5.前項の規定が民法、消費者契約法その他の適用法令により無効とされ、または制限される場合、キーコーヒーは、当該法令により許容される最大限の範囲において、免責されるものとします。

第12条:本セミナーの記録及び掲載、販売等

1.キーコーヒーは、本セミナーの様子(受講者の肖像、発言内容等を含みます)の撮影、録音、録画等を行うことができるものとし、受講者は異議を述べないものとします。

2.キーコーヒーは、前項に基づき撮影、録音、録画等を行った本セミナーの写真、ビデオ、音声等(以下「本セミナーの記録」といいます)を複製、翻案、改変、上映、公衆送信、譲渡、頒布その他の利用(ホームページその他の媒体等に掲載し、公表することを含みます)することができるものとし、受講者は、キーコーヒーに対し、肖像権、パブリシティ権またはプライバシー権を行使せず、また、名目を問わず、キーコーヒーによる本セミナーの記録の利用について、何らの異議を述べないものとします。

3.前項の規定にかかわらず、受講者が、本セミナーの受講前に受講者の肖像または発言内容の利用を希望しない旨の申出を行った場合、キーコーヒーは、受講者の肖像または発言を利用しないものとします。

第13条:専属的合意管轄

本セミナーに関して生ずるキーコーヒーと申込・受講者との間の一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。

第14条:準拠法

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第15条:分離可能性

本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

附則:本規約は2021年9月1日改定。
同年9月17日以降に本セミナーにお申込みされた方から適用されます