KEY COFFEE

ニュース

ホーム > ニュース > 2018年

2018年05月18日(金)

ビールのようなコーヒー!? 米で話題のコーヒーが今夏流行の予感
新感覚アイスコーヒー「COLDコールド CREMクレマA」
“撮り”たくなる新ビバレッジ、全国に展開中

 キーコーヒー株式会社(本社:東京都港区、社長:柴田 裕)は、クリーミーな泡で仕上げた次世代型のアイスコーヒー「COLD CREMA(コールドクレマ)」を飲食店向けに、2017年9月より提案を開始、その話題性や視認性、味わいが評価されています。

*イメージ

■ COLD CREMAとは

 キーコーヒーが提案する次世代型アイスコーヒー。専用サーバー「KEY COLD CREMA ディスペンサー」を使用し、空気を取り込むことできめ細やかでクリーミーな泡立ちと、まろやかな味わいを実現。アイスコーヒーの概念を変える、新感覚のコーヒー体験を演出します。

■ “インスタ映え”、“モクテル”。近年の飲食業にぴったりな新ビバレッジ

 「COLD CREMA」は、そのきめ細やかで持続的な泡と、液体・泡が2層にわかれるまでの変化が楽しめ、“撮り”たくなること間違いなし。

 また、BAR文化の最先端イギリス・ロンドンで人気の “モクテル”(アルコールを使わないカクテル)は、国内でもじわじわと伸びているカテゴリ。“見た目も楽しめるノンアルコール”という視点で注目です。専用サーバーは紅茶にも対応。幅広いメニューラインアップが実現します。

■ 「COLD CREMA」導入店が増加中!

コーポレートサイトの特設ページ内にショップリストを公開、現在17店舗を掲載しています。(随時追加更新いたします)

・「COLD CREMA」特設ページ : https://www.keycoffee.co.jp/coldcrema/index.html

・コンテンツサイト「まるでビール!?フォトジェニックなコーヒーで、 次のトレンドを先取り。」: https://shallwedrip.com/content/content_coldcrema.html

■ コーヒーの“サードウェーブ”で広がるコーヒーの楽しみ方

 アメリカの先進的なコーヒーショップの日本上陸などの影響で、日本国内では “サードウェーブ”と呼ばれるコーヒームーブメントが起こりました。2016年まで国内消費量が4年連続で過去最高を記録したことも、この影響が大きいと言われています。

 サードウェーブにより、原料であるコーヒー豆本来の特徴に注目があつまり、コーヒーの産地、農園別の風味の違いにとどまらず、焙煎方法や抽出方法にまで、選択の幅が拡がりました。

 アメリカではコーヒーの新しい楽しみ方として、“泡のアイスコーヒー”の専門店ができるほど流行し、「NITROコーヒー」や「ドラフトコーヒー」と呼ばれています。さらにはそのクリーミーさを活かす抽出方法として、「コールドブリュー」と呼ばれる低温抽出(水出し)のアイスコーヒーを掛け合わせることが今ではトレンドになっています。

アメリカ ニューヨークの
スタンド式「NITROコーヒー」専門店

 キーコーヒーは、絶えず変化をする「時代の求めるおいしさ」に目を向けながら、コーヒーやそのシステムの提案を通じて、本当においしいコーヒーを楽しんでいただく支援を行ってまいります。

本件に関するマスコミからのお問合せ

キーコーヒー株式会社 広報チーム
〒105-8705 東京都港区西新橋2-34-4
TEL 03-5400-3069 FAX 03-3433-5751
Email:key1@keycoffee.co.jp

本件に関するお客様からのお問合せ

キーコーヒー株式会社 お客様センター
〒105-8705 東京都港区西新橋2-34-4
フリーダイヤル 0120-192008

https://www.keycoffee.co.jp/inquiry

ブランドサイト

  • 京都イノダコーヒ
  • トアルコ トラジャ
  • 氷温熟成珈琲
  • スペシャルブレンド
  • DRIP ON<sup>®</sup>
  • プレミアムステージ
  • SINCE 1920
  • Noi
  • リキッドコーヒー
  • インスタントミックス
  • illy