このページの上部へ

ホームお客様窓口よくいただくご質問 (Q&A) シュガー、クリーミー、リキッド飲料

お客様窓口(Q&A) メニュー

シュガー、クリーミー、リキッド飲料

リキッドコーヒー(テトラプリズマ)容器のキャップを開けたところ、アルミが開いていて内容物が見えますが、最初から開いていたのですか。

キャップ本体は2重構造になっており、上部キャップを回転させることで、収納されている内歯が回転し、プレラミネートホール(アルミフィルム)を破くことにより、開け口が完成されます。
キャップ本体は、無菌充填機にて容器が製造された後、キャップ・アプリケーター装置にて、食品用のりで容器へ接着されます。
※ 資料提供:日本テトラパック株式会社

プレラミネートホール


※ キャップの下は、開封前はアルミフィルムで密閉されています。

キャップ開封前
キャップ開封後

コーヒーに液状のクリーミーを入れたら、糸状に細かく固まってしまいましたが、クリーミーが古いのでしょうか。

このような現象をフェザリング現象といいます。コーヒーに含まれる酸とミルクのタンパク質が凝固して起きますが、 コーヒー液の温度が高すぎる場合や酸味の強いコーヒーに起こりやすいとされています。
また、クリームを冷蔵庫で長期間保存し、冷えすぎた場合も、フェザリングが起きやすくなります。

「KEYスティックシュガー」は賞味期限が表示がないです。賞味期限を教えてください。
外袋に印字している記号が賞味期限ですか。

砂糖は、品質の変化が極めて少なく、長期保存が可能なため、賞味期限を表示しておりません。
振っていただいて中身がサラサラしていればご使用頂けます。
外袋の印字は、製造ロット番号ですので、賞味期限ではありません。 

リキッド飲料、クリーミー、シュガーのそれぞれの開封後の保存方法を教えてください。

・リキッドコーヒー及びチルドアイスコーヒー
開封後は10℃以下で冷蔵し、2~3日以内を目安に、お召し上がりください。ご家庭の冷蔵庫内の環境や空気中の雑菌等によって腐敗することもありますのでご注意ください。


写真①
・クリーミーポーション
ポーション容器は無菌充填ですので常温保存が出来ます。
ポーションミルクは冷蔵庫ではなく、常温保存することをおすすめします。
ただし、外袋開封後は外袋の口を折り曲げて輪ゴムでしばり、2週間ぐらいで使い切っていただくことをおすすめします。
ポーション容器の材質上、水分が蒸発しやすく、中身が固まってしまうことがあります。(写真①)

・シュガー
スティックシュガーは振っていただいて、サラサラとした状態であればお召し上がり頂けます。但し、湿気に弱いため、高温多湿の場所での保存は避けてください。

クリーミーの袋に「トランス脂肪酸0.0g」とありますが、これはどのようなものですか。

トランス脂肪酸とは、主に工業的に作られた脂肪酸に含まれ、トランス脂肪酸を使用した食品等を多く摂取すると悪玉コレステロールを増加させて、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす原因になるものであり、0.0gとはこの商品には殆ど含まれていないことを表わしています。

ページTOPへ