KEY COFFEE

企業・IR情報

ホーム > 企業・IR情報 > 社会・環境報告書 TOP > ステークホルダーの皆様へ-お客様とともに > ステークホルダーの皆様へ – 地球環境とともに

社会・環境報告書

社会と環境に対する取り組みをお知らせします。

ステークホルダーの皆様へ

地球環境とともに

環境方針

キーコーヒーは、コーヒーを通じてお客様に安らぎと満足をお届けするとともに、地球温暖化、生物多様性等、環境への影響緩和に取り組み、自然の恵みに溢れる、美しい地球を次世代に引き継ぎます。

生物多様性の保全

当社が扱うサステナブルコーヒー

有機栽培コーヒー

有機栽培コーヒー生豆を100%使用した「有機珈琲」シリーズを販売。有機栽培コーヒーとは、化学肥料や農薬の使用を避け、3年以上にわたって堆肥等による土作りを行った農園で栽培、収穫されたコーヒーのことで、安全・安心を求めるお客様の需要が年々高まってきています。

レインフォレスト・アライアンス認証農園産コーヒー

地球環境保護のため熱帯雨林を保護することを目的とした、「レインフォレスト・アライアンス認証」を受けたコーヒー農園の商品を取り扱っています。この商品をお買い上げいただくことで、お客様にも間接的に地球環境保護にご参加いただいています。                        

フェアトレードコーヒー

国際フェアトレード認証制度に基づき、経済的・社会的に立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善や自立を目指す取り組みです。この商品をお買い上げいただくことで、生産者の安定した生活と、環境に無理な負荷を掛けることない良質な作物づくりにつながります。


当社が扱うサステナブルコーヒーについてはこちら

  • 当社が扱うさまざまな認証コーヒー

環境配慮型パッケージへの切り替え

環境配慮型パッケージへの切り替え

「PREMIUM STAGE(プレミアムステージ)」の豆商品、有機商品の包材に、植物由来原料を一部使用しています。
また豆商品の包材には、品質を維持しつつ、従来のフィルム構造を4層から3層構造へと変更することで省資源化を行い、CO2排出量の削減を実現しています。

「グランドテイスト」の包材には、使用済みペットボトルを回収・粉砕・洗浄後に、不純物を除去し再生したPET樹脂を一部使用しています。また「季節限定ブレンド」の包材は、植物由来原料を一部使用しています。

賞味期間延長によるフードロスの削減

当社販売の家庭用商品、業務用食材などを理化学検査結果に基づき賞味期間の延長や年月表記への移行などを実施しました。
尚、延長した商品は品質上の確認を行ったうえで、賞味期間を延長しています。
今後もフードロス削減に向けた取り組みを強化していきます。

気候変動の防止・対策

IMLVT(国際品種栽培試験)への取り組み

持続可能なコーヒー生産に向け、調査・研究を行う国際的な研究機関World Coffee Research(ワールド・コーヒー・リサーチ)と協業し、IMLVT(国際品種栽培試験)に取り組んでいます。
インドネシア・トラジャの自社農園において、世界中から選抜されたコーヒーの優良品種を育て、気候変動や病害虫への耐性を持ちつつ、豊かな味わいも備えた品種の発掘を目指しています。


IMLVT(国際品種栽培試験)について詳しくはこちら

環境省 九州地方環境事務所主催のオンラインセミナーに参加

環境省 九州地方環境事務所主催の「第2回 民間企業向け気候変動適応オンラインセミナー」に参加しました。
当社は「コーヒーの2050年問題」をテーマに講義し、気候変動が及ぼすコーヒーの影響に加えて、気候変動への適応策として実施している独自の栽培試験と、WCR(ワールド・コーヒー・リサーチ)との共同試験・IMLVT(国際品種栽培試験)について、直近の情報とともに伝えました。
本講演を通し、当社のSDGsや気候変動への取り組み、「トアルコ トラジャ」の魅力などを幅広く伝えました。


「コーヒーの2050年問題」についてはこちら

「トアルコ トラジャ」についてはこちら

営業車のハイブリッドカーへの切り替え

ハイブリッド車、低燃費車の導入推進やアイドリングストップ、配送・物流ルートの見直しなどによりガソリン使用量の前年比84.1%と大きく削減となりました。

  • ガソリン消費量推移

省資源化と再利用の推進

自社農園での排水処理、チェリーを活用した堆肥作り

精選に使用した排水はそのまま河川に流すのではなく、石灰を投入して中和したり池で固形物沈殿させるなどの処理を行っています。
脱肉したコーヒー果肉と水牛の糞などを混ぜ合わせて発酵させてできた肥料は、新植時や通常肥料として使用しています。

廃棄物とリサイクル

工場排出資源のリサイクル

廃コーヒー

製造過程で出た余剰コーヒーは、家畜の寝床として動物園などに提供したり、家畜の糞尿処理や堆肥などに利用されています。

  • 廃コーヒー利用
  • 廃コーヒー利用
麻袋

コーヒーの生豆を入れる「麻袋」は、養蜂場において巣箱の保温、巣箱と蓋との結合防止に利用されたり、カキの養殖場では、稚貝を付着させる採苗器としても活用されています。
名古屋の観光農園では植木に麻袋を敷き、雑草を抑制するための根巻きとして活用されています。麻袋はそのまま土に還るので後処理もなく重宝されています。
また、観光施設などで無償提供も行っているほか、麻袋をリメイクしたトートバッグやナップサックなどもご提案しています。

  • 養蜂場利用
  • 麻袋利用
  • プランター利用
  • 麻袋利用
シルバースキン

焙煎、粉砕工程で発生する「シルバースキン」は、当社の名刺や封筒に再利用したり、固形にペレット化したものが、牧場などの堆肥づくりにも活用されています。

  • シルバースキン(ペレット)
VOICE

中部工場製造課
社員

コーヒーの製造過程で発生する「麻袋」と「ペレット」を、廃棄物としてではなく”リサイクル資源”として有効活用すべきと考え、リサイクル活動に取り組んでいます。
中部工場では担当者がパンフレットを作成し、近隣住民の方々に工場まで麻袋やペレットを引き取りに来てもらうという取り組みを行っています。
これにより資源の有効活用に加えて、近隣住民の方々とも交流が深まり、当社を知っていただける機会にもつながっています。
これまでは工場近隣の農家の方々を中心に活用されていましたが、近年はご利用された方々の口コミが広がった影響を受けて、中部工場がある春日井市以外の遠方からも引き取りにいらっしゃる方が増えました。

リサイクルデータ

電気・ガス使用量の推移

「省エネルギー法」(経済産業省)に基づき、工場や事業所の省エネ化、効率的なエネルギー使用の推進に取り組んでいます。
2020年度は、省エネ法の目標である「エネルギー使用量の5年間平均原単位(※)1%以上削減」に対し「1.0%削減」となり、目標を達成しました。
尚、当社は6年連続で「優良事業者」として、経済産業省HPに掲載されています。
参考: 経済産業省ホームページ
(※ エネルギー原単位は、「エネルギー使用量」を「製造数量」で除算したパラメータです。)

  • 電気・ガス使用量の推移
食品循環資源の再生利用状況

食品製造業者として、食品製造過程で発生する廃棄物の抑制、減量化、再生利用に取り組んでいます。
2020年度は、食品製造業の管理目標「食品リサイクル率95%」に対し、実績は「99.7%」となり、目標を達成しました。

  • 食品循環資源の再生利用状況
CO2排出量の推移

事業活動(コーヒー製造)の過程で発生する温室効果ガス (CO2) 排出原単位(※)を2015年度を基準に毎年1%削減することを目標に掲げています。
2020年度は、目標「CO2排出原単位0.221以下」に対し、実績は「0.210」となり、目標を達成しました。
(※ CO2排出量原単位は、「CO2排出量」を「生豆使用量」で除算したパラメータです。)

  • CO2排出量の推移