KEY COFFEE

企業・IR情報

ホーム > 企業・IR情報 > 社会・環境報告書 TOP > ステークホルダーの皆様へ-お客様とともに > ステークホルダーの皆様へ – 地域社会とともに

社会・環境報告書

社会と環境に対する取り組みをお知らせします。

ステークホルダーの皆様へ

地域社会とともに

社会貢献活動の基本的な考え方

私たちは、コーヒーのもつ“人々に幸せをもたらす力”を信じています。
事業活動を通じた地域社会などとの協働・連携により幅広くコミュニティに参画し、コーヒーのもつ力で地域の人々のこころを満たし続けていきます。

社会貢献の推進

「キーコーヒー クレルージュ基金」の設立

当社の100周年の創業記念日8月24日に、次の100年もコーヒーの未来と持続可能な社会の実現に貢献していくために、「キーコーヒー クレルージュ基金」を設立しました。
同基金は、キーコーヒーグループの役員および従業員の募金やイベント等のチャリティ活動からの募金などを通じて、コーヒー生産国の社会福祉、自然環境の保全、災害救済のための支援のほか、日本国内における災害救済についても機動的な支援を行います。
また、今後は支援を目的とした商品等も展開し、売上の一部を役立てていく予定です。

海外の厳しい環境に置かれているチャイルドを支援

当社では、海外の厳しい環境に置かれているチャイルドの支援を目的とした「公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン」や「NPO法人 チャイルド・ファンド・ジャパン」に従業員の募金やイベント等のチャリティ活動からの募金を寄付し、チャイルドの成長を見守っています。

地域社会との関係強化

親子向けイベントを実施

全国の親子とZoomを使って「3Dラテアート」を作るオンラインイベント『子どもコーヒー教室』を実施しました。
本イベントは”コーヒーは大人が飲む苦い飲み物”というイメージをもつ子ども達や、幼い頃からコーヒーに触れる機会が少ないといった背景から、3Dラテアートを作りながらコーヒーについて正しい知識をつけて、将来自分に合ったコーヒーの適切な飲み方を学んで欲しいという思いで開催されました。
当社コーヒー教室の講師が「コーヒーができるまで」といったコーヒーに関する基礎知識を紹介した後に、手順やポイントを説明しながら3Dラテアートを実演。その後、親子が一緒に3Dラテアート作りに挑戦しました。

服飾専門学校の課外授業に協力

服飾専門学校の生徒と、虎ノ門を世に広げ、楽しい街にすることをモットーに活動する「Come On 虎ノ門製作委員会」(港区虎ノ門)が共同し、「虎ノ門プロモーション」をテーマにした課外授業が行われ、当社は”コーヒーの再利用と虎ノ門プロモーション”をテーマに活動する学生チームに協力し、抽出後のコーヒー粉を提供しました。
その後、当社社員が染色されたTシャツを着用し、写真撮影も行われました。

学生団体に当社商品を協賛

サッカーを通して国際協力を行う学生団体主催の「チャリティフットサル大会」に対して、当社商品の『カフェオレ 贅沢仕立て』、『カプチーノ 贅沢仕立て』、『香味まろやか水出し珈琲』を協賛しました。

使用済み切手等の寄付

当社では、使用済み切手やカード、書き損じはがきなどを集めて、港区ボランティアセンターに寄付しています。
集められたものはボランティアの方々による選定後、協力団体や企業へ売却して換金され、港区内の学校や企業等での福祉体験講座やボランティア関連講座などの、ボランティア推進事業に活用されています。
2020年度は、使用済み切手 1,200g(約19,995枚)、書き損じはがきを112枚を寄付しました。

販売先でミニコーヒー教室の開催

北海道河東郡音更町にある得意先のホテルで「プロに学ぶコーヒー教室 おうちのコーヒーライフを極めよう!」と題して、コーヒーセミナーを実施しました。
おいしいハンドドリップのいれ方のほか、豆の種類による味や特徴の違い、保存方法など関する座学を行い参加者からは、「正しい保存方法を聞けて勉強になった」「正しいいれ方を教えてもらえておうちカフェが楽しみです」といった声があがりました。
その他、石川県、愛知県でもミニコーヒー教室を開催しました。

VOICE

名古屋支店
渡邉 晨

食育推進活動を目的として開催した「ミニコーヒー教室」は、当社のコーヒーをより親しんで欲しいという思いから、コーヒーの基礎知識講座やアレンジコーヒー講座に加え、一人一人にハンドドリップ抽出をしていただく、お客様参加型の内容としました。
初めてハンドドリップする方や、今まで間違った方法で抽出していた方などさまざまな方がいらっしゃいましたが、「普段飲むコーヒーと全然違う!」という声もあり、コーヒーの楽しさを訴求できるイベントになったと感じました。

おしごと年鑑への協賛

全国の小・中学校や図書館などに配布されているキャリア教育教材「おしごと年鑑」とWEBページ「おしごとはくぶつかん」に協賛しています。
「おしごと年鑑」は、全国の小・中学校に配布され、授業にて活用されています。
当社は写真とイラストを使用し『コーヒーって混ぜるとおいしくなるの?』のテーマにて生産国から生活者の手元に届くまでを紹介しています。

PDFをダウンロードできます。お子さまの学習にご活用ください。
ダウンロードはこちら (PDF 1MB)

新型コロナウイルス感染症に対する対応

コーポレートサイトに特設サイト「おうちカフェ KEY」を開設

“おうち時間が少しでも豊かになるように”という思いから、コーヒーの魅力や楽しみ方をいろいろな視点で発信し、オンライン上で人と人とがつながるカフェ時間を提供するサイトを開設しました。
コーヒーに関する基礎知識やコーヒーインストラクターによるレッスン動画の無料配信、また、ビデオ通話時に使える背景画像の提供で、カフェ空間を楽しめる内容として構成され、“おうち”でカフェ気分を味わえるような内容で構成されています。

「おうちカフェ KEY」はこちら

医療従事者への支援

当社グループ会社で、インドネシア現地法人の「P.T.TOARCO JAYA」が、現地の医療機関に支援活動を行いました。
日々罹患者の治療にあたっている医療従事者への〝感謝の意”を込めて、インドネシア・マカッサル市内の4つの指定医療機関や感染者を受け入れる施設等に、コーヒーやカップ麺などの支援物資をお届けしました。

当社商品の寄付

新型コロナウイルスの影響により、大黒ふ頭(神奈川県横浜市)に約2週間寄港していた、大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客と乗務員に『ドリップ オン スペシャルブレンド(5杯分)』を、15,000杯分寄付しました。