KEY COFFEE

企業・IR情報

ホーム > 企業・IR情報 > 社会・環境報告書 TOP > ステークホルダーの皆様へ > ステークホルダーの皆様へ – 地域社会とともに

社会・環境報告書

社会と環境に対する取り組みをお知らせします。

ステークホルダーの皆様へ

地域社会とともに

社会貢献活動の基本的な考え方

私たちは、コーヒーのもつ“人々に幸せをもたらす力”を信じています。
事業活動を通じた地域社会などとの協働・連携により幅広くコミュニティに参画し、コーヒーのもつ力で地域の人々のこころを満たし続けていきます。

社会貢献活動の推進

本社でチャリティセールを実施

本社ビル1階にて、9回目となる『工場直送チャリティセール』を開催しました。
当日限定の工場直送「レギュラーコーヒー チャリティブレンド(400g・粉)」の販売などを行い、すべて完売となりました。コーヒーの売上、募金の合計611,453円は、日本赤十字社を通じ、国内被災地へ義援金として寄付するほか、海外の厳しい環境で暮らす子供の支援を目的とした特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン及び公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンへ寄付しました。

地域社会との関係強化

台湾百年珈琲樹

 1930年代、当社創業者の柴田文次氏は、コーヒー一貫企業への思いを実現させるべく、台湾の「台東珈琲農園」「嘉義かぎ珈琲農園」などにおいて農園事業を進めました。しかし、第二次世界大戦の激化によって農園の維持は困難になり、終戦とともに全てを手放すこととなりました。2016年に「台東珈琲農園」の跡地付近の農園を視察した際に、当時栽培されていた1本のコーヒーの樹が「百年珈琲樹」と名づけられ、奇跡的に残されていることがわかりました。100周年事業の一環として、そのコーヒーの樹の保存、整備に協力していくこととしました。地元の人々とともに台湾コーヒー文化の原点を次世代に継承していくために、記念碑が建てられ、合わせてセレモニーも行われました。

生産地域の美化活動に参加

九州工場のある佐賀県鳥栖市の「県内一斉ふるさと美化活動」に参加しました。
当社社員のほか、地元企業や多くの市民も参加し、工場周辺の環境美化活動に貢献しました。

本社近隣にてチャリティイベントを開催

新橋 桜田公園にて、東京都港区に本社を置く有志企業7社(NTTPCコミュニケーションズ、JTビジネスコム、永谷園ホールディングス、日本たばこ産業、日立ハイテクノロジーズ、株式会社プロネクサス、当社)と特定非営利活動法人 みなと障がい者福祉事業団の共催により、「~本でつながるみなとの絆~ チャリティ古本市」を開催しました。
当イベントは、障がい者の自立を促進することを目的に、“ともに支えあう地域社会の実現”を目指して実施され、各社の社員や事業団から集められた古本(約3,300冊)の販売を行いました。近隣住民の皆さまや通勤途中の方々から、多くのご協力とご支援をいただき145,190円の売上となりました。売上は、みなと障がい者福祉事業団に寄付され、港区の障がい者自立支援事業に役立てられます。

販売先でミニコーヒー教室の開催

愛知県名古屋市にある得意先スーパーマーケットの食育推進活動として、「ハンドドリップのいれ方講座」を実施しました。
ハンドドリップでいれるホットコーヒーのいれ方を中心に、コーヒーによる味わいの違いやアレンジコーヒーの作り方などを体験いただきました。
その他、北海道や東京、神奈川といった全国各地でもミニコーヒー教室を開催しました。

親子向け夏休みイベントを実施

当社が株主総会を開催している新宿文化センター(東京都新宿区)にて新宿区在住の親子を対象とした『親子で簡単“3Dラテアート”を作ろう!』セミナーを行いました。
当社コーヒー教室の講師がコーヒーについての写真やアニメーションを使って説明をし、3Dラテアート実演を行いました。その後、親子が一緒に3Dラテアートに挑戦しました。

おしごと年鑑への協賛

全国の小・中学校や図書館などに配布されているキャリア教育教材「おしごと年鑑」とWEBページ「おしごとはくぶつかん」に協賛しています。
「おしごと年鑑」は、全国の小・中学校に配布され、授業にて活用されています。
当社は写真とイラストを使用し『コーヒーって混ぜるとおいしくなるの?』のテーマにて生産国から生活者の手元に届くまでを紹介しています。

PDFをダウンロードできます。お子さまの学習にご活用ください。
ダウンロードはこちら (PDF 3MB)

おしごとはくぶつかん出展

小学生向けのキッズイベント「おしごとはくぶつかん」に参加しました。
親子を対象に「自分だけのオリジナルブレンドコーヒーを作ろう!」をテーマにワークショップを行いました。コーヒー生産地や栽培に関する講義を実施したのち、オリジナルブレンドを作る実習を行いました。その他、コーヒーのクイズや”夏休みの自由研究”に合わせて作成した、オリジナルワークシートの配布などを行いました。

東日本大震災復興支援活動

2019年3月11日(月)、特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会が主催する宮城県山元町にて行われた東日本大震災復興支援活動に、当社商品を協賛しました。
 同NPO法人は、約90の大学、4,000人の学生が参加するボランティア団体で国内外にわたり活動しています。
 協賛したコーヒーは、寒空の中行われた追悼式と灯篭(とうろう)点灯式にて参加者に温かいサービスとして提供されました。