このページの上部へ

コーヒーの歴史

生い立ち ~回教僧の秘薬から世界の飲物へ~

もともと野生の木だったコーヒーに、どうして人々は気づき、生活に浸透させていったのでしょうか。コーヒーにまつわる逸話は多々ありますが、なかでも有名な二つの地のエピソードをご紹介します。

シーク・オマールの伝説 [イエメン・オウサブ]

イスラム教の聖職者シーク・オマールは、疫病が流行っていたモカの町で、祈祷を捧げ、多くの人の病気を癒していました。ある時、モカ王の娘が病気にかかり、オマールが祈祷を捧げたところ病気は治りましたが、美しい娘に恋をしたオマールはオウサブという山中に追放されてしまったのです。
洞窟で暮らし、食べ物も満足になかったオマールはある日、美しい羽根を持った小鳥が木に止まり、陽気にさえずるのを見ました。そして、手を伸ばした木の枝先には赤い実がついていました。空腹だったオマールが、その実を口にしたところ、たいそう美味でした。彼はたくさんの実を洞窟へ持ち帰り、スープをつくりました。
それを飲むとたちまち爽快な気分になりました。その後、オマールの見つけたこの不思議な飲み物の噂は町へ伝わり、オマールは町へ戻ることを許されました。

カルディの伝説 [エチオピア・アビシニア高原]

アラビア人のカルディという山羊飼いはエチオピアの草原で放牧生活をしていました。ある日、気がつくと、自分の山羊が楽しそうに飛んだり跳ねたりしています。そこで調べてみると、あたりに茂っている木になった真っ赤な実を食べていることがわかりました。そこで自分も食べてみると、とても爽快な気分になります。カルディは山羊と一緒に毎日この赤い実を食べ、元気に楽しく働いていました。あるとき、通りかかったイスラム教の僧侶がカルディたちの様子を見て赤い実の不思議な力にびっくりし、これを僧院に持ち帰り、仲間の僧侶たちにも食べさせたところ、甘ずっぱいおいしさに加えて、眠気がとれ爽やかな気分に。それ以来みんなすっかり魅せられ、魔法の豆として、密かに愛用されるようになったということです。
コーヒーの生い立ちを伝える話は、このほかにも沢山ありますが、どうやら最初はイスラム教の僧侶の眠気ざましの妙薬として広まったようです。また、今からおよそ1千年ほど前、アラビアの都バグダットの王立病院長だったラーゼスという人は、「古来、エチオピアに原生していた灌木、バンの種実(豆)を砕いて煎出した汁液バンカムは、一種の薬として胃に良い」と書き残しています。バンはコーヒーの木のことですが、当時は薬として、とても珍重されていたんですね。

喫茶店のルーツ [煮出すコーヒーからドリップへ]

コーヒーは、初めは実をつぶして脂をまぜ、団子にして食用にしていましたが、その後、実と葉を一緒に煮て煮汁を飲むようになり、ついで、実の皮と種子を天日で乾かして使うようになりました。種子を煎って粉にして使うようになったのは13世紀頃からです。

世界最初のコーヒー店の誕生 ~カイロ、そしてトルコ・コンスタンチノープル~

アラビアを起源にイスラム教全土へと広まったコーヒーは、1510年頃、カイロに世界初のコーヒー店を出現させ、1554年には、トルコの首都コンスタンチノープルに「カヴェー・カネス」という著名なコーヒー店を誕生させています。この当時、トルコでは、コーヒー豆を煎り、それを石臼で挽いて煮出して飲む方法が広く親しまれていました。

喫茶店のルーツは無料試飲の店 ~イギリス・ロンドン~

ヨーロッパにコーヒーが本格的に普及することになったのはロンドンのトルコ人貿易商ダニエル・エドワードが、トルコから連れ帰ったパスカ・ロゼにコーヒーをいれさせ、お客にも振る舞っていたところ大評判となり、1652年にコーヒー店をオープンしたのがきっかけになりました。異国の飲物であるコーヒーの珍しさと独特の風味にひかれて大変な賑わいを見せました。
これが近代的な喫茶店の誕生と言われています。しかもこれが、わずか10年で2000軒のコーヒー店をロンドン市中に林立させるという、熱いブームの発火点ともなったのです。ただし、この頃のコーヒーは依然として煮出して飲むターキッシュ・コーヒータイプでした。

名もないブリキ職人の大発明 ~フランス~

フランスでもコーヒーはまたたく間に普及しましたが、フランスはコーヒーの近代化に重要な貢献をしました。ドリップ式の考案です。しかも、この方式を考え出したのは、驚くべきことにひとりの名もないブリキ職人だったのです。ポットの中にたらした布袋にコーヒーの粉を入れ、熱湯を注いで浸透させる器具の発明によって、煮出すコーヒーから漉(こ)すという、近代コーヒーの基盤が編み出されたのです。それは1763年、まさにコーヒーの一大革命でした。コーヒーの豊かな味と香りを最大限に抽出するこのドリップ式を考案してくれた一人のコーヒーファンのブリキ職人に、私たちは深く感謝して、語り継ぎたいものですね。

日本にはいつごろ [可否茶館の名を知っていますか]

ところで、コーヒーは、日本にはいつ頃伝わってきたのでしょう。一説には、足利時代にキリスト教の布教のためにやってきたポルトガル人やスペイン人が伝えたといわれていますが、現在有力な説としては、江戸時代に入ってから長崎出島にオランダの商人が持ち込んだとされています。

シーボルトのコーヒーのすすめ ~長崎~

史実としては、出島のオランダ屋敷に招かれた蘭学者たちがコーヒーを賞味したという話が伝わっています。1797年(寛政9年)の「長崎寄合町諸事書上控」の中の、長崎丸山の遊女が貰った物の一つとして「コヲヒ豆一箱。チョクラート」という文章が最初です。
また、より信頼できる文献としては、1782年(天明2年)に、蘭学者志筑忠雄が訳した「万国管窺」という本で、この中に「阿蘭陀の常に服するコッヒーと云ふものは形豆の如くなれどもじつは木の実なり」と書かれています。天明3年の「紅毛本草」にも、コーヒーが万病に効く薬だという意味のことが記されて、名を見せています。また、江戸末期に出島のオランダ商館に医者としてやってきたドイツ人のシーボルトは「日本人があまりコーヒーを飲まないのは、すすめ方が悪いからだ。コーヒーが身体に良いことをよく説明すれば、もっと飲むようになるだろう。」と言っています。非常に鋭い観察からきた面白い言葉ですね。

可否茶館(こーひーさかん) ~東京~


鹿鳴館時代に使われた木製のコーヒーセット

明治になると、世はまさに文明開化の時代です。東京の町には西洋御料理店なるものが誕生し、こうした店で、コーヒーがしだいにメニューに加えられていきました。そして、1888年(明治21年)4月13日。東京・下谷黒門町に「可否茶館」という名前の、日本最初の本格的喫茶店が鄭永慶(ていえいけい)という人によって開店したのです。親が外交官だった永慶は、自分の家を洋館に改造し、コーヒーを一銭五厘、牛乳入りコーヒーを二銭で売り出しました。「可否茶館」は残念ながら3年足らずで閉鎖してしまいましたが、鹿鳴館の時代に一般庶民が利用できる喫茶店を開業した鄭氏の功績は、日本コーヒー史においても特筆されています。

日本のコーヒー文化の幕開け ~横浜~

明治の中ごろからコーヒーを飲ませる店が少しずつ増え、明治の末には、東京・銀座に「カフェー・プランタン」や「カフェー・ライオン」が開店しました。中でもコーヒーの大衆化に最も貢献したのは「カフェ・パウリスタ」という、ブラジルコーヒーの販路拡大とPRのために開かれた喫茶店でした。明治41年に始まった、日本からブラジルへの移民の多くが、コーヒー農園で働いており、その見返りとして、ブラジル政府から無償のコーヒー豆が提供されました。その豆を用いて、コーヒーを低価格で提供した「パウリスタ」は、最盛期には20数店舗、従業員も1000名を越えるほど繁盛したのです。
その「パウリスタ」で働いていた一人が、キーコーヒーの創業者・柴田文次です。「パウリスタ」の繁盛に、コーヒー事業の計り知れない可能性を見出した文次は、大正9年、横浜市中区に、「コーヒー商 木村商店」を開きました。以来、日本にコーヒーを普及させるため、コーヒーの製造・販売のほか、世界のコーヒーやコーヒー器具を紹介したり、更にはコーヒー農園事業までを手がけました。一方で、コーヒーシロップなどの新しい商品を開発、またコーヒーの啓蒙や広告宣伝を積極的に行い、日本のコーヒー文化の発展に大きく貢献しました。

ページTOPへ